そして伝説になりたかった

働きたくない男の雑記・備忘録

うつ状態をゲーマーで例える

投稿日:2019/1/7 最終更新日:2019/03/06 閲覧数:319

カテゴリー: 社会>メンタル>

残業終わりのゲーマー「イベント中だからインしたいけど今日は疲れたからもう寝よう」

皆も経験があると思う。

やりたい気持ちはあるけどpc/ps4の電源を入れる気力がない。

この状態はうつ状態に近いんだとか。

うつ病の症状として「何のやる気も起きない」というものがあるけど、このときのやる気のなさレベルが「残業終わりのゲーマー」なのだと例えるとわかりやすい。
なお、うつ病の人は朝起きた時点で似たような状態になっているそうだ。

「うつ病を理解する」
ってワードが合言葉として一人歩きしてる感があるけど、正直な話実際にうつ病になってみないとわからないと思う。

そしてうつ病の人は自分の状況を周りに知ってもらうための労力を支払う元気すら無いというから困ったものだ。

よく見られている記事

おすすめの記事

管理人について

鉄壁のメンタルを持ちます。
いろんなものに興味を持ちます。
日常で不思議に思ったことなどを書いています。

その他管理人についてはこちら
プロフィールとか


コメントを残す